発毛剤を利用して育毛を促進させましょう。

治療の歴史

古来からある薄毛治療の歴史

薄毛治療の歴史はとても古く、紀元前にかかれた文献にはその頃すでに薄毛の治療をしていたという記述があります。その頃はカバやライオン、ワニなどの動物から脂を取ってそれを育毛剤がわりに頭皮に塗って薄毛治療をしていたそうです。また、紀元前の遺跡からはかつらも発見されているので、昔から薄毛に対してコンプレックスを持つ人が少なからずいたことが想像されます。現代になるといっきに薄毛治療が進化しました。薄毛治療の進化のきっかけとなったのがフィナステリドの開発です。フィナステリドはもともとは前立腺の病気の治療薬として使用されていました。その過程でAGAに効果があるということが分かり、AGA治療薬プロペシアとして販売されて今に至っています。

簡単に手に入るようになったプロペシア

AGA内服薬のプロペシアは、医療機関で行う薄毛治療には欠かせないものとなっています。今はAGA外来がある皮膚科も増えてきました。皮膚科でもプロペシアを使った薄毛治療ができます。頭皮専門病院だと高くなりますが、皮膚科ならリーズナブルな価格でプロペシアを処方してもらえます。もっと安く手に入るのがインターネットです。個人輸入サイトを使えばプロペシアを購入できます。頭皮専門病院や皮膚科などの医療機関で処方してもらうよりも安く手に入ります。それに病院に通院しなくても自宅にいるだけでプロペシアが簡単に手に入るのも魅力です。個人的な治療なので完全に自己責任になりますが、安く薄毛を治したい人にはおすすめです。